そのだライオンズクラブ−尼崎市園田地域の国際奉仕活動団体

そのだライオンズクラブ I Love Sonoda

新着情報 ― What's New! ―


ご挨拶

第11代会長 L米谷 妍 会長テーマ
会長 『謙虚、寛容、そして団結』
『謙虚』
1 謙虚である、高ぶらないで、人の意見をよく聞き入れる。
2 謙遜する、遠慮する(謙遜して)。
『寛容』
1 寛容である、大目に見る。
『団結』
1 団結(する)、結束(する)、結集(する)、連帯(する)
2 仲がよく、よく団結している、友好的である。

会長あいさつ
人生100歳時代が、そこまで近づいて来ているのが現実で有ります。
いいかえれば現役で過ごす年が、どんどん進んで来ているといえるでしょう。
現役でいるという事は、世間や他人との融和が、最大の必須となるでしょう。
そこで、『謙虚、寛容、そして団結』こそが、楽しく年齢を重ねていくために、人間としての最良の考えや、行動になると思います。
ライオンズクラブ内においても、ライオンズライフを送るのも同様の事と思い、調和のとれたクラブに作りあげていくつもりです。
生きるほどに 美しい豊かな人生の為に

本年度事業
8月20日:西日本豪雨災害街頭募金
9月16日:園田カーニバル参加模擬店
10月8日:盲導犬駅前街頭キャンペーン
10月19日:園田競馬場そのだライオンズクラブ杯特別メーンレース
10月24日:〜来年1月19日園田駅前イルミネーション

3月30日〜31日:そのだ桜まつり(環境問題キャンペーン、盲導犬キャンペーン、献血キャンペーン)
6月:献血キャンペーン


イメージカラー

そのだライオンズクラブのイメージカラーは
オレンジ

由来
むかしむかし、尼崎市に合併する前の川辺郡猪名川町園田村であった、まだむかしのことです。園田地域周辺は「橘(たちばな)の荘園」と称され、一面のみかん畑であったそうだ。この地域で収穫されたみかんはとてもおいしく、柑橘類の中でも特に各地より求め愛されたそうだ。今では、その名残すら見る事が無く、現在の高級住宅地として開発されて現在に至る。周辺住民の方々も、ほとんどの方が知られず、これからの次世代の子供たちに地域学の歴史として言い伝えるため、みかんのオレンジ色にしました。
この類の例は、大阪にも「橘の荘園」と称されるところがあり、そのむかし、やはりみかん畑であったようだ。そこは大阪市西区南堀江で「立花(たちばな)通り」という愛称で、家具屋さんが多く軒を並べていた。今では、イメージを市民化されたオレンジストリートと称されている様だ。